野菜の分類 「食用部位」・「科」・「栄養素」 一覧表

目次

野菜の分類 「食用部位」

野菜の分類を「食用部位」で分けると主に5つに分けられます。

・食用部位が主に地上部の葉や茎のものを「葉菜類はさいるい
・地下部の肥大根、塊根、地下肥大茎などのものを「根菜類こんさいるい
・果実のものを「果菜類かさいるい
・花つぼみや花を利用するものを「花菜類かさいるい
・地下、あるいは地上の茎にあたる部分を食用とする野菜を「茎菜類けいさいるい

などに分けられます。

※農林水産省、総務省によって分け方、分類名称は若干異なる場合があります。

葉菜類

葉菜類はさいるいとは植物の葉や葉柄にあたる部分を食用とする野菜の総称。

キャベツ・芽キャベツ・レタス・白菜・小松菜・春菊・ほうれん草・水菜・からし菜・高菜・三つ葉・チンゲンサイ・エンダイブ・ニラ・クレソン・コリアンダー・パセリ・ネギなど

果菜類

果菜類かさいるいとは主に「花が咲いた後に付いた(熟した)実」を食用とする野菜。

胡瓜・ピーマン・パプリカ・トマト・茄子・南瓜・トウガラシ・枝豆・空豆・スイートコーン・イチゴ・オクラ・ズッキーニ・スイカ・冬瓜・メロン・ユウガオ・ゴーヤなど

根菜類

根菜類こんさいるいとは地下の根にあたる部分を食べる野菜の総称。

カブ・ジャガイモ・サツマイモ・サトイモ・大根・人参・ゴボウ・レンコン・ヤーコン・ユリネ・ラディッシュ・ショウガなど

花菜類

花菜類かさいるいとは植物の花やつぼみ~茎にかけての部分を食するもの。

ブロッコリー・カリフラワー・フキノトウ・菜の花など

茎菜類

茎菜類けいさいるいとは地下、あるいは地上の茎にあたる部分を食用とする野菜。

アスパラガス・セロリ・玉ねぎ・ニンニク・筍・ワサビ・フキ・ウド・コールラビ・ルバーブなど

野菜の分類 主な「科」 一覧

野菜の分類の「科」を一覧です。
「科」は野菜の栽培の現場では重要な情報となる。

同じ科の野菜は発育特性や栽培管理も似ており、病気に対する抵抗性なども共通している
連鎖障害を避ける、輪作を成功させるためには、育てたい野菜がどの科に属するのかを知ることが必須である。

アオイ科オクラ
アブラナ科アブラナ、ハクサイ、カブ、ケール
カリフラワー、ブロッコリー、キャベツ、ダイコン
イネ科トウモロコシ
ウリ科スイカ、メロン、キュウリ、カボチャ、ズッキーニ
キク科ゴボウ、シュンギク、アーティチョーク、レタス、フキ
サトイモ科サトイモ
シソ科シソ、バジル
ショウガ科ショウガ、ミョウガ
スイレン科レンコン
セリ科ミツバ、ニンジン、ウイキョウ、セリ、パセリ
ナス科トウガラシ、ポーマン、トマト、ナス、ジャガイモ
バラ科イチゴ
ヒユ科ホウレンソウ
ヒルガオ科サツマイモ
マメ科エダマメ、インゲンマメ、エンドウ、ソラマメ、ササゲ
ミカン科サンショウ
ヒガンバナ科タマネギ、ネギ、ニンニク、ニラ

野菜に含まれる栄養素による分類 「淡色野菜」・「緑黄色野菜」

野菜は緑黄色野菜淡色野菜に分けられます。

緑黄色野菜」とは厚生労働省の基準では「原則として可食部100g当たりカロテン含量が600μg以上の野菜」の事をいう。
ただしカロテンが600μg未満でも1回に食べる量や使用回数の多い色の濃い野菜も含む。wiki

名称通り緑色や黄色、そして赤色など色の濃い野菜が多いが、色で分けられているわけではない。

キュウリやナス、ラディッシュなど表面の色が濃くて緑黄色野菜に含まれていない野菜も多くある。

それらの野菜は「淡色野菜」と呼ばれることが多い。

同じ野菜でも部位によってこの分類が異なるものもあり、ダイコンやカブは、葉は緑黄色野菜だが、根は淡色野菜となる。

緑黄色野菜ではないからといって栄養成分が少ないというのはなく、淡色野菜の中にはミネラルや食物繊維が豊富に含まれ、栄養素が高いものも多い。

主な淡色野菜

カブ(根)、カリフラワー、キャベツ、キュウリ、ゴボウ、スイートコーン、セロリ、ソラマメ、ダイコン(根)、タマネギ、ナス、ハクサイ、ラディッシュ、レタス、レンコンなど

主な緑黄色野菜

アスパラガス、インゲンマメ、オクラ、カブ(葉)、カボチャ、ミズナ、クレソン、ケール、コマツナ、シシトウ、シュンギク、セリ、ダイコン(葉)、チンゲンサイ、トウガラシ(葉・果実)、トマト、トンブリ、ニラ、ニンジン、バジル、パセリ、青ピーマン、ブロッコリー、ホウレンソウ、芽キャベツ、モロヘイヤ、レタス(水耕栽培)、サニーレタス、ルッコラなど

野菜大好きウサギさん

野菜を食べよう!

野菜大好きヤギさん

どれくらい食べればいいのかな?
成人が一日に必要な野菜の摂取量は?

野菜大好きウサギさん

厚生労働省によると
成人1人あたり1日350gの野菜を食べることが推奨されている。
内訳は「緑黄色野菜」が120g、その他の野菜が230g。
バランスよく野菜を食べましょう。

野菜大好きヤギさん

なるほど・・・
野菜を食べて身体の健康を維持しよう!
毎日が難しい人は野菜ジュースなどで補ってもいいですね。

野菜大好きウサギさん

そういうのもアリですね(=゚ω゚=)ノ
以上、野菜の分類の一覧でした。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる